ピシメン

気になる?気になる!今日は何を検索しましょうか?

インターネット 個人輸入・通関 出来るかな?

個人輸入・最後の難関、税関に行って個人通関をする

個人輸入002

個人輸入の通関を自分でやってみる、出来るかな?シリーズの続きです。

>>個人輸入をズブの素人が税関に行って通関できるのか?

>>個人輸入で困る、各種貿易用語!?素人には理解できない

>>個人輸入・出荷指示書とCFS搬出予約オーダーが届く

倉庫会社に連絡を取り荷物が出せることが分かりましたので最大の難関、税関に行って通関を行いました。

スポンサーリンク

通関の流れの説明を受ける

初めての通関ということで税関の職員から用紙を使って個人通関する流れを教えてもらう

個人輸入009

搬入確認
倉庫会社に荷物が出せることを確認したかを聞かれ、電話で出せると聞いていますと説明しましたが、念のためと言って税関の職員の方が倉庫会社に確認していました。

輸入申告書作成
窓口電子申告端末を使って申告書の作成をする。
以前は用紙に手書きだったようですが、税金の計算などを端末が自動で計算してくれるので今は殆どの人が利用するようです。

窓口電子申告端末を使用するための書類に記入しました。
窓口に来た人、端末を操作する人などの項目に記入するだけで特に難しくありません

輸入申告書提出
窓口電子申告端末を使って書類を作成できたら提出します。

書類審査・貨物検査
書類の審査を行う、その後に荷物の中身を検査するかを税関が判断して、検査が必要だと判断したら協力してくださいと言われる。

審査終了

納税

輸入許可

貨物搬出手続き
というのが本来の流れのようです。

税関への提出書類

入手済みのBill of Lading、Invoice、パッキングリスト、Arrival Noticeは提出の必要があると言われる。

Allaival Noticeは荷物を出してもらう時に倉庫会社に渡すので必要だと答えると、ではコピーを取って提出してくださいと近くにあったコピー機を案内される。1枚20円。

窓口電子申告端末を利用した輸入申告

税関の職員が近くに待機して端末の操作や入力を教えてくれました。

一つずつメモを取りながら確認しようと思っていましたが、なにやら分からないことばかりで職員に質問される、答える、では、○○を選択してください、という流れで、初めてのことだったので、かなり舞い上がってしまい、入力内容や項目は覚えることが出来ませんでした。

ただ、入力そのものは20分もかからず終わりました。

検査といわれる

輸入申告書を提出したら、書類の審査をしますので、しばらくお待ち下さいとのこと。
ブラブラと海外から送られてくる荷物に紛れている偽物(コピー品)なんかが展示されているのを見ながら時間をつぶす。

職員から呼ばれて、荷物を検査しますとのこと。
何か疑わしいことでもあったのかな?

ネタとしては、おもしろいなどと考えながら、その後の流れを教えてもらう。

倉庫会社に検査が必要と税関が連絡を入れるので、荷物を出してきてもらって、1階に検査場があるのでそこまで運んでください、と言われる。

倉庫会社に行く

荷物が検査の対象になったと伝え、D/Oレスと書かれたArrival Noticeの提出、搬出料金1,000円を払いました。

何やら用紙をもらって、それをフォークリフトを操縦している人に渡せば荷物を出してくれると言われる。

指示通りに従って、荷物をだしてもらう。

税関の検査場

検査上に着いて連絡すると職員が何人かワラワラと出てきて、レントゲンを撮りますと言われ、後は職員が荷物を運んで検査を行っているのを見ているだけです。

個人輸入019
(画像は一部加工しています)

職員は高圧的な態度はなく、非常に物腰もやわらかくフレンドリーに話してくれます。
荷物を開けてもいいですか?など、一つ一つの作業にとても丁寧です。

荷物を開けて、
「これは何ですか?」
「自動車のバンパー部分の部品です」

「あー中古部品なんですね」
「いや、こう見えても新品なんです(笑)」

「新品なんですか?大変失礼しました。」

などと知人とやり取りをしている時にボクも商品を見ましたが、どう見ても中古にしか見えませんでした(笑)

検査も10分くらいで終了しました。

税関の窓口に戻る

検査が終わって、書類を提出した窓口に戻る。
税金の納付書をもらって、税金の納付(今回は5,700円)
最後に輸入許可通知書をもらいました。

個人輸入026

検査がなければ、この許可書とArrival Notice(D/Oレス)を倉庫会社に持って行って、荷物を出してもらうのが本来の通関の流れになるようですね。

まとめ

分からない言葉ばかりで最初は困りましたが、一つ一つ調べていくうちに少し面白くなりました。

船会社は電話での対応をしてくれて、税関、倉庫会社と行きましたが、もっと閉鎖的な所で素人が行ってはいけない場所のように感じていましたが、全く問題有りませんでした。

通関の時間も2時間程度で終わりました。丸一日かかるんじゃないかと心配して朝早く行きましたが、これなら午後1番に行っても間に合いそうです。

とても難しいと考えていた、個人輸入・通関は船会社、税関、倉庫会社には迷惑なのかもしれませんが、素人でも行えるというのが結論です。

-インターネット, 個人輸入・通関, 出来るかな?