ピシメン

気になる?気になる!今日は何を検索しましょうか?

インターネット 個人輸入・通関 出来るかな?

個人輸入・出荷指示書とCFS搬出予約オーダーが届く

2016/08/29

dock

個人輸入の通関を自分でやってみる、出来るかな?シリーズの続きです。

>>個人輸入をズブの素人が税関に行って通関できるのか?

>>個人輸入で困る、各種貿易用語!?素人には理解できない

船会社に指定された金額を銀行振込で送金し、その後に届いた書類の処理です。

スポンサーリンク

出荷指示書

DOレス

先日送られてきたARRIVAL NOTICEに「出荷指示書(D/Oレス)」のハンコが押されて再度送られてきました。

再度、船会社に連絡し荷物がいつになったら出せるのかを聞きます。
すると、すでに搬出は出来る状態なので搬出オーダーを倉庫会社に送ってくださいとの事だった。

搬出予約オーダー

order

搬出料金は1,000円になっています。
画像のような搬出予約オーダーに下記記入項目があった。

会社名
TEL/FAX
担当者名
本船名
入港日
B/L NO
個数/重量/M3
品名
搬出日
フォワーダー様名

この中で本船名と入港日はARRIVAL NOTICEに書かれていたものを、その他はBill of Ladingやパッキングリストに書かれていたものを書いて倉庫会社に送りました。

D/Oレスとは

出荷指示書に一緒に書かれていたD/Oレスとは何か気になって調べてみる。

本来は、貨物を引き取るときに倉庫会社に提出するD/O(デリバリーオーダー)という書類が必要なんだけど、それは、すでに船会社が倉庫会社に送ってあるので、出荷指示書と税関で通関が終わった後に発行される許可書を倉庫会社に持っていけば荷物を出すことが出来るってことでした。

なるほど、手間が一つでも減るのはうれしい。
まぁ何が手間かもあまり良く分かっていないんですが・・・

次回の作業

とりあえず、倉庫会社に搬出日を指定して、搬出オーダーをFAXで送りました。
これで税関に行き通関し、許可書が発行されれば、めでたく荷物を手に取ることができるってことですね。

さて税関では、どんな手続が待っているのでしょうか?

つぎは
>>個人輸入・最後の難関、税関に行って個人通関をする

-インターネット, 個人輸入・通関, 出来るかな?