ピシメン

気になる?気になる!今日は何を検索しましょうか?

出来るかな? 生活全般

個人の不動産売買・名義変更は出来るのか?

contract

今日は出来るかな?シリーズ第二弾、不動産売買を個人間で行った際に名義変更を個人が出来るのか?の検証です。

ある日、法人を経営する友人からの相談がありました。

「会社で購入した不動産物件を今度名義変更するんだけど、売り主は個人で、買い主は法人で不動産会社や司法書士を通さないでやりたいんだけど何とかならない?」

って、あまりにも唐突な話で、何とかならない?って言われても、内容が内容なだけにイヤだよ、怖いよ、バカなの?業者に頼みなよって説得するけど「何とかなるでしょ?大丈夫、大丈夫」って・・・

実は以前に彼の父親が亡くなった際に遺産相続手続きに必要な書類をネットで調べて作ってあげたことがあります。

だから今回も「ネットで調べてちゃちゃちゃってやっつけてよ」ってことらしいです。

でも、あまりにも知識不足&責任重大な内容なので、途中で業者にぶん投げるかもしれないよ?ってことで、やれる所まで、やってみようとの結論になる。

スポンサーリンク

詳細確認

物件を購入した経緯は以前から聞いていたので大体ですが分かっていました。

数年前に口約束で購入し、毎月分割で売り主に支払って、約束の金額が払い終えたので、ここでキッチリと名義変更をしておきたい。

不動産を口約束で購入するってのが、そもそも怖いんですよね?
途中で何かあったら、どうするつもりだったのか理解できません。

そんな感じなので、売買契約書なんかも、もちろんないし、そんな状況で不動産の名義変更なんて出来るんでしょうか?

あまりにも不安なことだらけです。

法務局に確認

ネットの情報も、もちろん探すには探しますが、まずは法務局に電話で相談します。

相談内容は「個人間で不動産を売買しますが、個人でも手続きできますか?」そのものズバリを聞きます。

返事が「個人では難しいですよ~」とか、「個人でやる方はほとんどいませんよ」とか言われたらスッパリと諦めようとしていたんです。

が、しかし「出来れば窓口に資料を持って相談に来てほしいんですが、とりあえず、必要書類などをご案内します」って話が進んじゃいました。進まないでほしかったorz

必要書類

売主側

登記済証または登記識別情報俗にいう権利書のたぐい

住民票(住民コード?が分かれば必要ない)

発行から3ヶ月以内の印鑑証明書

実印を押した登記申請の委任状

不動産の固定資産税の評価証明書

買い主側

認め印が押された委任状

売買契約書がないなら登記原因証明情報

住民票(今回は法人なので登記事項証明書)

法務局の人いわく、必要書類を準備して、提出する書類を作成し、売り主と買い主が法務局に一緒に来てくれれば、何か足りないものがあったとしても、その場で作成するなり書類上不備があれば追記してくれれば受付られるっていう感じだった。

ただ、それはあくまでとても順調に進めばの話で、今回のように売り主も買い主も詳しくなければ大体の場合は土地に問題があったり、何かあって複数回、法務局に足を運んでもらうことになる場合が多いんですよと説明された。

なので、印鑑証明書や委任状は持参しなくてもよいので一度は窓口で説明を受けたほうがよろしいかと思いますよ、ってことだった。

一時まとめ

とりあえず、個人でも出来そうだけど、やりたくないな~
専門用語が多すぎて内容が全然、頭に入ってこないし理解もできない。

もう少し、提出する書類を整理して調べて、出来るだけ法務局の窓口に行ってみた方が良さそうだ。

こんな状態で個人の不動産名義変更なんて本当に出来るのか?

-出来るかな?, 生活全般